Ohm Pulser LFP-2000e(NEW)

鍼電極低周波治療器オームパルサーシリーズ新登場!     【最大電圧90Vp-p】

【症状に合わせ、電極の特性を生かすことで、様々な治療が行えます】

表面電極(TENS)皮膚に貼るだけで簡便に広範囲の通電刺激(最大電圧90Vp-p)

鍼電極筋肉や神経を刺激/電流量(mA)をパネルで確認できる(電流量と反応は密接に関係しています)

電気ていしんコード皮下から筋層へスピーディにアプローチ(電気ていしんコードはオプション品です)

低周波治療器 鍼電極低周波治療器 治療点探索器 組合せ理学療法器

2000ehp_紹介ぺ-ジ_1

2000ehp_紹介ぺ-ジ_2

 



特定保守管理医療機器 クラス2
医療機器認証番号226AGBZX00098000
本体(LFP-2000e)/ミノ虫クリップコードDIN(4本)/探索用コード(1本)/ACアダプター(1個)/専用電源コード(1本)/取扱説明書(保証書)MADE IN JAPAN

定価 オープン価格
治療をスムーズに進めていくためには、患者様への説明が大切になってきます。LFP-2000eでは、治療中の電流値(実効値)を0.00mAで計測し、治療後の電流量を00.0C(クーロン)で計測します。それぞれの患者様が感じる、刺激の閾値を電流値(mA)で説明しながら、強度を上げていくことが出来ます。(刺激の強さは、1パルスのエネルギー量で、刺激の頻度は、周波数で決まります)
①治療点探索で、治療を診せる。

治療点(皮膚電気抵抗減弱部)を7段階のレベルで探して、音と表示でお知らせします。患者様が安心して治療を受ける一つのアイテムとしてご使用下さい。

②電流測定で、治療を診る。

治療中の刺激量は、電流値が関係します。この電流値と患者様の反応を確認することで、より安全な治療が行えます。また、治療後に、患者様へ処方した電気エネルギー量を患者様や他の医療従事者へ説明することが出来ます。治療点(皮膚電気抵抗減弱部)を7段階のレベルで探して、音と表示でお知らせします。患者様が安心
して治療を受ける一つのアイテムとしてご使用下さい。

Ohm Pulser 2000e 製品仕様

電気的特性
 ・DC12V 6.5VA 専用ACアダプターMPU16B-105
本体の寸法及び重量
 ・寸法:215mm(W) ×138mm(D)×43mm(H)±10%
 ・重量:500g ±10%(本体のみの重量)
機器の分類
 ・電撃保護:クラスⅡ機器
 ・装着部の分類:BF形
 ・EMC規格:JIS T 0601-1-2:2012
 ・水の有害な浸入に対する保護による分類:IP00
 ・作動(運転)モードによる分類:連続作動(運転)機器
 ・空気・可燃性麻酔ガス、又は酸素又は亜鉛酸化窒素・可燃性麻酔ガス中での使用に適さない機器
仕様
 ①低周波機能
  ・最大周波数:100Hz ±10%
  ・最大出力波高値:90Vp-p ±25% (負荷抵抗2kΩ)
  ・最大出力電流(実効値):13mArms ±25%
           (負荷抵抗500Ω、周波数100Hz)
  ・パルス幅:0.25ms ±15%
  ・パルス波形:非対称両極パルス波
  ・治療タイマー:最大30分 ±5%
  ・出力モード:連続モード、間欠モード、疎密モード
 ②治療点探索機能
  ・最大出力電圧:24V ±25%
  ・最大出力電流:0.42mA±25%
使用環境
 ・温度:-10℃~28℃ ・湿度:90%以下(結露しないこと)
 ・高度:2000m以下 ・気圧:800~1060hpa
保管環境/輸送環境
 ・温度:-10℃から55℃/-10℃~40℃
・湿度:90%(結露しないこと)
 ・高度:2000m以下 ・気圧:800~1060hP