Ohm Pulser LFP-2000e オプション

電気ていしんコード
1 皮下から中筋層にかけて通電刺激 むくみや硬化した圧痛点などに押し当てます。2 移動が簡単! 患者様の様子を見ながら、 すぐに移動できる。3 鍼を使いたくない場所に! 鍼が苦手な人などに。4 エステメニュー「イオン導入」ができる! 美容成分の上から電気ていしんで優しくなぞるだけ。
電気治療をおもいのままに
“電気ていしんコード” 全医療器のこだわり
医療現場で、先生や患者様のお役に立ちたい。
電気治療をスムーズに、簡単に使っていただきたい。
Ohm Pulser LFP-2000e 用 「 電気ていしんコード 」 のこだわりです。
” 電気ていしん” で様々なアプローチを !
鍼を使いたくない場所
施術メニューが広がる
移動が簡単
周 囲 と 比 べ て 数 値 が 高 い 場 所 は 治 療 ポ イ ン ト で す

Ohm Pulser LFP-2000eの最大の特徴は「測定パネル」 が付いていることです。実際に人体に流れる電流値を、測定パネルの数値で確認できます。 周辺の電流値 (mA)と比べて数値の高いところは「皮膚電気抵抗減弱部」 なので、 治療ポイント(経穴) になります。そのまま治療ポイントにアプローチをして、よりスピーディな治療を!
計 測 + 電 気 治 療

電気治療でご利用できる付属品

施術例
電気ていしんコード
簡単に使えて、様々な部位へ治療ができる、シングルタイプ。
Step 1 電気ていしんコードを本体の差込口に差し込みます。
Step 2 ミノムシクリップに電極を挟みます。
Step 3 治療箇所近くに電極を貼り、「ていしん」を当てます。
肩を回すと痛い場合のケア
目安:5分~1分
首の根元から腕全体に、リンパに沿って、手の重さ程度の圧を掛けながら電気を流してください。圧痛点を集中的にほぐしてください。
電気ていしんコード A
粘着パッドを使うことで、刺激がていしんに集中しやすくなるシングルタイプ。
Step 1 電気ていしんコードAを本体の差込口に差し込みます。
Step 2 低周波導子と粘着パッドを結合します。
Step 3 治療箇所近くに電極を貼り、「ていしん」を当てます。
肩こりや背中のケア
目安:10分~15分
首の根元から脇のあたりまでリンパに沿って、脇の位置を感じながら電気を流してください。コリの強い部位や、圧痛点はゲルをしっかり塗布して、ほぐしてください。
電気ていしんコード w
2本のていしんで、治療点の変化を感じながら治療を行う、ダブルタイプ。
Step 1 電気ていしんコードwを本体の差込口に差し込みます。
Step 2 「ていしん」を治療箇所に当てます。
足のむくみや疲れのケア
目安:5分~10分
ふくらはぎから、くるぶしのあたりまで、両方の「ていしん」を当てながらリンパに沿って肌がくぼむ程度で押しながら電気を流してください。
point 1 電気ていしんの先端に導電性ゲル(保湿ゲル、美容ゲル、超音波ゲルなど)をたっぷりつけ、皮膚を湿らせた状態で低周波治療を行ってください。
point 2 リンパ、静脈、筋肉を意識して、心地より圧刺激を加えながら治療を行ってください。 [注意]電気の感じ方には個人差がございます。治療中のカウンセリングを通し、
患者様にとって最も適した治療を行ってください。
[共通]電気ていしんの金メッキ部分(ていしんの先端)に、しっかりと導電を高めるゲル(水分を多く含むものがお勧めです)を塗布して、ご使用ください。※治療箇所に塗布しても構いません。
接続する機器の取扱説明書に従い、本体を操作してご使用ください。
お得なキャンペーン・製品・セミナー情報など配信中です。特別な企画も実施しています。
全医療器について