Ohm Pulser LFP-4000A 使い方

小型でも鍼電極と経皮電極の治療ができます。
パルス幅の「こだわり」
鍼電極としての安全性、ソフトな刺激。
使い易さの「こだわり」
場所を選ばない丁度良いサイズ。
人間工学を意識した設計で、 Simple かつ直感的な操作性。
変えない「こだわり」
品質と安全性を向上させるために、各出力の電気的独立性。
パルスの安定出力、パルス波形を変えていません。
操作手順(準備→スタート)
準備
⑦Outpu(出力調整 t )が全てOFF になっていることを確認
(①が点灯している場合は解除する
④Frequency(周波数) をセットする
⑤Wave form(治療法切替) をセットする
⑥Output intensity( 出力強度切替)をセットする
③Timer(出力時間)をセットする

スタート
⑦Output( 出力調整)を徐々に回す
(必ず患者様の様子を見ながら回してください
『2つの違いって何⁉️』
心電図検査電極
「2330」「2360 」の違い
詳しくはこちら
『多機能‼️』黒いオームパルサーは
微弱電流(マイクロカレント)
ができる♪
詳しくはこちら
□■治療院に!家庭にも1台!■□
指先で「血中酸素飽和度」が分かる
超!!!簡単操作(^^)/
詳しくはこちら
ご利用のみなさまへ
修理に関する相談・お申込み
製品カタログ
当社製品比較
お問合せ
全医療器について